Optimize Nextのプレミアムプランとは?主な機能や利点について解説

この記事のタイトルとURLをコピーする

Google Optimizeが2023年9月に終了し、代替となるツールを検討しているマーケターの方も多いのではないでしょうか。

Optimize Nextは、Google Optimizeを代替する無料のABテストツールとして知られていますが、プレミアムプランも提供を開始しています。このプレミアムプランでは、さらに高度な機能とカスタマイズオプションが利用可能です。例えば、Webサイトの目標を細分化した、KPIツリーを作成、そして各KPIが抱える課題の要因として仮説立案などが含まれています。また、専任のサポートチームによるサポートも受けられるため、問題解決が迅速に行える可能性があります。

本記事では、Optimize Nextのプレミアムプランの特徴や機能について詳しく解説します。これにより、皆様がプレミアムプランの内容を理解し、自社のニーズに合っているかどうかを判断する際の参考情報としていただければ幸いです。

なお、先日公開した記事では、Optimize Nextの無料版について詳しく解説しています。無料版の機能や使い方にご興味がある方は、そちらの記事もぜひご覧ください。

Optimize Nextのプレミアムプランとは

Optimize Nextのプレミアムプランとは、「ABテストを、民主化する。」というミッションのもと、PROJECT GROUP株式会社が提供している高度なABテストツールです。Google Optimizeを代替するツールとして開発されたOptimize Nextに加え、プレミアムプランはさらなる機能強化とサポートを提供します。

プレミアムプランでは、Google Tag Manager(GTM)の仕組みを応用し、無料版同様サーバー維持費を抑えつつ、より詳細なレポート機能や高速なデータ処理、複数プロジェクトの同時管理などの高度な機能を利用可能です。また、専任のサポートチームによる迅速な問題解決も受けられます。

ユーザー視点からの改良を加えた使いやすいデザインと機能性に加え、プレミアムプランの導入が進んでおり、2023年9月のローンチ後に導入サイトは2,000サイトを突破しました。(2024年4月時点)

Optimize Next プレミアムプランの主な機能

Optimize Nextのプレミアムプランの機能は以下のとおりです。

  • Webサイトの目標を細分化して、KPIツリーを作成
  • 各KPIが抱える課題(現状数値と目標数値のギャップ)の要因として仮説を立案
  • 仮説を検証するためのABテスト施策を考案・実施
  • テスト結果を分析して、仮説が正しいといえるか検証
  • 検証内容をもとに、新たなABテスト施策を展開

PROJECT GROUP株式会社では、150社・250サービス以上、25,000回を超えるABテストで累計100億円以上の売り上げ改善の実績があります。

詳細なレポート機能を有する

Optimize Next プレミアムプランでは、ABテストの結果をより詳しく分析できるレポート機能が提供されています。通常のレポートに加えて、ユーザーの行動や傾向を深掘りするための詳細なデータを閲覧できます。

例えば、特定のセグメント別のパフォーマンスや、時間経過に伴う変化なども簡単に把握でき、テスト結果をより深く理解することが可能です。これにより、マーケティング施策の改善点を的確に見つけ、迅速な対応ができるようになります。

高速なデータ処理ができる

プレミアムプランでは、高速なデータ処理機能が提供されており、ABテストの結果をリアルタイムで確認できます。

大量のデータを瞬時に処理し、迅速に結果を反映することで、意思決定のスピードが格段に上がります。これにより、マーケターは市場の変化やユーザーの反応に即座に対応でき、競争力を高めることができます。

特に、大規模なキャンペーンや短期間でのテストが求められる場面で、その威力を発揮します。

専任サポートチームがある

Optimize Next プレミアムプランでは、専任のサポートチームが利用者をサポートします。この手厚いサポートにより、初心者から上級者まで安心して利用できる環境が整っています。

技術的な問題や疑問点が生じた場合でも、迅速かつ専門的な対応が受けられるため、テストの実施や結果の分析がスムーズに進みます。また、専任サポートチームはツールの効果的な活用方法についてのアドバイスも提供してくれるため、利用者は最適なテスト環境を構築できます。

Optimize Next のプレミアムプランを使用するうえでの注意点

Optimize Next プレミアムプランを使用する場合は、以下2つのポイントに注意しましょう。

  • 費用対効果の検討
  • データの取り扱いの注意

プレミアムプランは無料版に比べて高度な機能が多く搭載されていますが、その分コストも高くなります。自社のマーケティング予算と期待する効果を見極め、投資に見合う成果が得られるかを事前に検討することが必要です。

また、プレミアムプランでは詳細なレポート機能や高速なデータ処理が提供されますが、これには大量のデータを扱うことが前提となります。データの管理やセキュリティに関する方針を明確にし、個人情報や機密情報の取り扱いに細心の注意を払うことが求められます。特に、データの取り扱いに関する法律や規制を遵守することが重要です。

Optimize Next プレミアムプランの導入方法

Optimize Nextのプレミアムプランには、30日間の無料トライアルがあります。
なお、クレジットカードなどの登録は不要で、気軽に試すことができます。

無料トライアル期間終了後の料金体系については調整中で、月額で数千円から利用できるプランを設計中です。(2024年4月時点)

Optimize Next プレミアムプラン以外のおすすめABテストツール5選

Optimize Next プレミアムプラン以外には、下記のようなABテストツールがおすすめです。

  • DLPO
  • Juicer
  • Sprocket
  • Ptengine
  • Flipdesk

上記のABテストツールの特徴や機能を理解して、自社にマッチするものがあれば、積極的に導入していきましょう。

DLPO

DLPOはABテストのほかに、複数の要素を比較する多変量テストを実施できるツールです。

検証後にもっとも効果的な要素を発見し、テスト結果が良くない要素は自動で配信停止を行います。

また、ユーザーの年齢や性別、閲覧履歴の情報をもとに各ユーザーに適した情報を配信できるパーソナライゼーションも可能です。

さらに、DLPOは多くのデジタルマーケティング・プラットフォームと連携できます。

例えば、データマネジメントプラットフォーム(DMP)やカスタマーデータプラットフォーム(CDP)では、「IntimateMerger」「AudienceOne」「Amplitude」「LBC」などがあります。

Web解析ツールでは「Google Analytics」「AdobeAnalytics」「Clicktale」などと連携が可能です。

Juicer

Juicer(ジューサー)はABテストを実施するページ指定やクリエイティブの登録、成果指標などの設定を簡単なクリック操作のみで行えます。

画像ならドラッグ&ドロップの操作だけなので、エンジニア以外のメンバーでもソースコードに触れることなくテストの実施が可能です。

Juicerは以下の基本機能が無料で利用できます。

  • ABテスト
  • ペルソナ分析
  • BtoB分析
  • ユーザー分析
  • アクセスログ分析
  • NPS
  • リードスコアリング
  • ポップアップバナー

基本プランは永年無料であり、利用期間やデータ量による制限はありません。

ただし、詳細な分析機能については追加の料金が必要です。

Sprocket

Sprocket(スポロケット)はWebサイトのコンバージョンを改善するCRO(コンバージョン率最適化)プラットフォームです。

ECサイトの購入やBtoBサイトの問い合わせ、学習サイトの離脱防止など、さまざまなWebサイトで累計10万回を超えるABテストを実施しており、業界ごとのコンバージョンメソッドを蓄積しています。

コンテンツパーソナライゼーション機能では、ポップアップではなくページ内の画像やメニューなどをセグメントに合わせて出し分けることも可能です。

また、表示位置や表示するタイミングでのABテストも実施できます。

Ptengine

Ptengine(ピーティーエンジン)は、株式会社Ptmindが開発した、誰でも簡単にサイト分析・改善ができるWebサイト成長プラットフォームです。

専門的なプログラミングの知識などは必要なく、初心者の方でも簡単に始められます。

「あらゆるデータ価値を最大化する」をミッションに掲げ、企業規模・業種にかかわらず、世界184ヶ国、20万以上のユーザーが利用しています。

1つのタグをサイトに設置すれば、ユーザーの行動を自動でトラッキングし、ヒートマップなどの分析も可能です。

また、ノーコードの操作だけでページ内容の一部を変更したABテストやリダイレクトテスト、ポップアップや固定バーのテストができます。

Flipdesk

Flipdesk(フリップデスク)は、Webサイトに訪れたユーザーの閲覧や購買データをもとに趣味趣向を把握し、適切な訴求ができるWeb接客ツールです。

自動的に訪問者の行動を解析し、状況に応じて最適な接客を行います。
また、クーポンの発行やキャンペーン告知、チャットサポートなど、ユーザーに必要なサービスを提供します。

ABテストでは、通常のシナリオ作成とほぼ同じ操作で、クリエイティブ設定を変えたテストの実施が可能です。
なお、配信比率やタブでのグループABの切り替えも可能です。

またユーザーの情報収集や接客アクション、ターゲティングなど、多様な機能が充実しているのが特徴です。

まとめ:Optimize Next プレミアムプランを導入してABテストを効率的に行おう

Optimize Nextのプレミアムプランは、無料版を超える多くの利点を提供します。効果的に使用できれば、マーケティング活動の効率化と迅速な意思決定が可能です。プレミアムプランを最大限に活用し、競争力のあるマーケティング戦略を実現しましょう。

ギャプライズでは、ABテストツールの活用で成果を出すためのコンサルティングを得意としています。ABテストの勝率が世界平均25%といわれるなかで、ギャプライズは50%を超える勝率を継続しています。ツールの活用に加え、高い精度の仮説をもとにした施策を行っていることが当社の強みです。

Optimize Nextのプレミアムプランをはじめとする最新ツールの選定から、実運用に向けたサポートまで、マーケティングのDXを総合的に支援いたします。データとABテストツールを味方につけて、お客様の心をつかむマーケティングを実現しませんか。

次のアクションに迷った際は、お気軽にギャプライズまでご相談ください。チームの垣根を越えて、皆さまのマーケティング活動を全力でサポートいたします。

お気軽にお問い合わせください。

なお、先日公開したOptimize Nextについての記事は、「Optimize Next」の開発責任者である植松さんにもお褒めいただきました。こちらこそご丁寧な対応をいただき感激でした。

植松氏がこちらの記事で語っている「AB テストは手段であり目的ではありません。目的はあくまで仮説の検証なんですよね」という言葉には共感を覚えます。ギャプライズでは「実験」という言葉を使いますが、背景について語るのは鎌田に譲ります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

今本 たかひろ/MarTechLab編集長

料理人→旅人→店舗ビジネスオーナー→BPO企業にてBtoBマーケティング支援チームのPLを4年半経験し、2023年2月よりギャプライズへジョイン。フグを捌くのもBtoBマーケティングを整えるのも根本は同じだという思考回路のため、根っこは料理人のままです。家では猫2匹の下僕。虎党でビール党。

関連記事一覧

タグから探す
デジタル屋外広告
パフォーマンス
バックオフィス
Web接客
DX(デジタルトランスフォーメーション)
SMSマーケティング
マーケティング全般
市場・競合分析
AR(拡張現実)
画像認識AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
EFO
サイト集客
SEO
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理
SFA(営業支援)