アパレルECサイトが売上げを伸ばすための7つのステップ

「実際の商品を手に取れない」。リアルな店舗とは異なり商品のフィッティングができないというこの問題は、アパレルECサイトで長年抱える大きな課題です。

この障壁を乗り越えるためには、製品のスペック情報に加え、着心地やブランドへの信頼感をブラウザ越しのユーザーへいかに使えていくかが重要となってきます。

本記事では、アパレル・ファッションサイトが売り上げを伸ばすための方法を、海外ブランドの成功事例に基づき紹介していきます。

アパレル・ファッションEC『特有』の課題

まず、リアル店舗との比較で、「実際に商品を実際に手に取れないこと」はECの大きな障害と言えます。特にアパレル・ファッションでは顕著で商品に触れているかのような感覚や感触をスクリーンを超えて提供しなくてはなりません

これを実現したブランドが手にできるのがユーザーからの「信頼」です。
では実際にこの課題の解決方法はどのようなものがあるのでしょうか。

 
参考文献:「電子商取引に関する市場調査」(経済産業省 商務情報政策局 情報経済課)
2014年度版 2015年度版 2016年度版 「ネットショッピングに関する調査」(MMD研究所、株式会社コロプラ共同調査、2016年)

アパレルEC売上げ向上のための7つのステップ

メンズアパレルブランドの「ピーター・マニング」(Peter Manning)は、これらの課題をユーザーレビューを活用することでクリアし、売り上げ増加に成功しました。ここからは、レビューマーケティングツールYOTPOを使いピーター・マニングがECの売り上げを伸ばした成功手順をみていきます。

よりたくさんのユーザーレビューを集める

 

 

人は皆、買ったものを自慢したい・共有したいという欲求を持っています。商品の購入者に対し、レビューを書いて欲しいという能動的なアプローチを行いレビューを集めましょう。

YOTPO独自のメールフォームでは、メールの受信ボックス内で直接レビューの入力・送信ができます。従来のレビュー投稿機能のようにサイトへのログインが不要なため、ユーザーのレビュー投稿への負荷が少なく、簡単にたくさんのレビューが集まってきます。

ユーザーが撮影した写真を表示する

人は気になる服があるとき、実際に買った人がどのように着用しているのかを見てみたくなるものです。商品レビューと一緒にお客さんが実際に着用したコーディネート写真をもらい、サイト上で表示をさせましょう。

ユーザーが撮影した楽しげな写真は、サイトへの信頼や販売促進へとつながります。

着心地のよさとフィット性を伝える

製品のフィット性や着心地を伝えるために、買ってくれたお客さんからそれぞれに対する意見を質問をしてみましょう。商品のサイズや、品質、快適性などレビューの項目を分けることで、それぞれに関連性の高いコメントがもらえるようになり、購入を検討しているユーザーの参考情報にもなります。YOTPOのレビュープラットホームでは、ブランドや製品に合わせてレビューの評価項目を自由自在にカスタマイズできます。

SNSへレビューをシェアする

 

評価の高いユーザーレビューは、ブランドにとって最高のマーケティングツールです。

YOTPOは、このような購入ユーザーのレビューをSNS上で簡単にシェアできます。ソーシャルフィールドで、投稿されたレビューや写真を使用することもできます。

ユーザー同士のコミュニケーションの場をつくる

 

オンラインショッピングで購入をためらう大きな要因は、自分が持っている疑問が解消できていないことです。

YOTPOのQ&Aコミュニティ機能では、ショッピングユーザーが商品ページ内で自由に商品に対する質問の投稿ができます。これらの質問には、企業自身や、過去にその商品購入したユーザーが回答することができます。

またこのやり取りはオンラインのサイト上で行われるため、他のショッピングユーザーの購入検討材料にもなります。

投稿されたレビューコンテンツでFacebook、Instagram、Twitter広告を配信する

 

 

ユーザーが作成したレビューや写真・イメージを活用した広告は、訴求力が高く効果的です。購入ユーザーのストーリーを伝えることで、興味を持たれやすくなり、ROI(投資対効果)に優れたSNS広告が打てます。

SEOへの効果でトラフィックの増加を

 ユーザーが作成した「新しい」コンテンツは、Googleの検索エンジンに好まれます。ユーザーによって書かれたレビューを集めていくことで、自然とGoogleにも評価され、実際のユーザーが検索するキーワードでも順位を獲得しトラフィックの増加に貢献できます。
 
YOTPOを使えば、サイトにレビューをテキストとして認識されることができるため、Googleの検索エンジンからのクローリングが、ページのインデックスなども手間なく行え、SEOを大大きく向上させることができます。

 

いかがでしたでしょうか。
ユーザーが知りたい情報は、商品購入ユーザー自身が持っていることが多くあります。商品を愛用してくれているユーザーの声やコンテンツを、サイトの売り上げのためにぜひ活用してみてください。

 

YOTPOはレビュー収集からアップセル、広告配信機能まで、サイトの売り上げにつながる機能がたくさん。
YOTPOの導入の相談はこちら→https://www.yotpo.jp/form/

YOTPOの活用事例はこちら→https://www.yotpo.jp/case-studies/

 

関連記事一覧

タグから探す
SFA(営業支援)
プロジェクト管理
SNSマーケティング
リードジェネレーション
ソーシャルリスニング
UGCマーケティング
マーケティング全般
インフルエンサーマーケティング
サイト集客
サイト改善
LPO
アクセス解析
ヒートマップ
A/Bテスト
UI/UX
営業・顧客管理