Amazonとのギャップを埋めるための26のチェックリスト

この記事のタイトルとURLをコピーする

パーソナライゼーションは、Amazon.comの成功に欠かせないものです。

共同創設者であるJeff Bezosは、1997年に株主に宛てた手紙の中で次のように書いています。

今日、オンライン商取引は顧客のお金と貴重な時間を節約します。
明日、オンラインコマースはパーソナライゼーションを通じて、発見のプロセスそのものを加速させるでしょう。

[引用]The 26-Point Checklist for Closing the Amazon Gap|Jeff Bezos

Amazonは、買い物客の期待を再定義し、あらゆる規模の企業の競争を加速させ、多くの場合、エンドユーザーにとって購入しやすい価格帯で参入しました。

1時間以内に商品を届けることが当たり前になった世界では、パーソナライゼーションはブランド価値を構築し、オンラインで顧客の心を掴むための最良の方法です。

次にご紹介するチェックリストを使用して、Amazonとのギャップを埋め、最適な顧客体験を提供するために必要な基本的なパーソナライズ戦略を見つけてください。

1.Amazonのようにパーソナライズするための26の質問

TOPページ

(1)あなたのウェブサイトは、デバイスや場所に基づいて、ユーザーに最適化されたコンテンツを提供していますか?

(2)ログインしたユーザーが最近閲覧したアイテムが含まれていますか?

(2)パーソナライズされた、おすすめ商品を提供していますか?

(3)ユーザーに合わせた、さまざまなメッセージングをテストしていますか?

(4)ウェブサイトで現在最も人気のある商品をお勧めしていますか?

おすすめ商品

(5)あなたのウェブサイトはドロップダウンメニューでおすすめ商品を提供していますか?

(6)「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のおすすめウィジェットはありますか?

(7)商品ページに表示されているものと同様のアイテムをお勧めしていますか?

(8)よく一緒に購入するおすすめ商品を商品ページに掲載していますか?

(9)ユーザーがカートに入れたものと一緒に頻繁に購入されるアイテムに基づいて、カートでおすすめ商品を提供していますか?

(10)現在ユーザーが表示している商品カテゴリ内で最も人気のある商品をお勧めしていますか?

モバイルの最適化

(11)顧客体験はモバイル向けに調整されていますか、それともレスポンシブデザインを使用して単純に縮小していますか?

(12)モバイルWebサイトで、最新のセッションでアクセスした商品を表示することで、リピーターが利用しやすい環境を提供しますか?

(13)モバイルアプリをお持ちの場合、訪問者がモバイルWeb経由でサイトにアクセスするときに、アプリの使用を促進していますか?

(14)あなたの商品ページは、モバイルでパーソナライズされたおすすめ商品を目立つように取り上げていますか?

(15)アプリのエンゲージメントを促進するために、パーソナライズされたプッシュ通知でモバイルユーザーに働きかけていますか?

行動メッセージ

(16)あなたのウェブサイトは、購入意欲を高めるために、在庫状況についてメッセージを表示していますか?

(17)あなたのウェブサイトは、ユーザーのカート内の購入金額に基づいて、送料無料に関するパーソナライズされたメッセージを提供していますか?

(18)モバイルでは、通知を表示してユーザーのメールアドレスを取得したり、インセンティブを与えたりしていますか?

(19)行動データを活用して、カスタムプロモーションやターゲットを絞ったプロモーションをリアルタイムで表示していますか?

Eメール

(20)ユーザーがカートに商品を残した場合、トリガーされたメールを送信しますか?

(21)メールには、リアルタイムで表示されるおすすめ商品が含まれていますか?

(22)重要なアカウントや配送の更新に関するメールを送信しますか?

検索

(23)検索入力ごとにスマートな結果を返すことで、検索中のユーザーをサポートしていますか?

(24)ユーザーが絞り込み機能で、検索結果を微調整できるようにしますか?

その他/オムニチャネル

(25)デスクトップで提供されるおすすめ商品は、モバイルでのユーザーの行動を反映していますか?

(26)ログインすると、カート内のアイテムはすべてのモバイルプロパティからデスクトップに転送されますか?

2.まとめ

Amazonに限らず、他のサイトで当たり前のように体験できたことが貴社のサイトで実現しないと、ユーザーはストレスを感じます。

ユーザーに最適化されたパーソナライズ体験の提供は、競合と差別化する1歩です。

顧客体験をパーソナライズ化できるAIプラットフォームDynamic Yield(ダイナミックイールド)概要資料はこちらからダウンロードしてください。

※本記事は、「The 26-Point Checklist for Closing the Amazon Gap」を翻訳・加筆修正したものです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
勝見 理恵 MarTechLab編集長

勝見 理恵 MarTechLab編集長

2012年ギャプライズ入社。 5年間Web集客コンサルタントとしてクライアントワークに携わり、リスティング広告からFacebook・Instagram・TwitterなどのSNS広告まで幅広く活用。 ClicktaleやOptimizelyを活用したサイト改善コンサルタントを経て、現在は自社のマーケティング担当。

関連記事一覧

タグから探す
マーケティング全般
市場・競合分析
AR(拡張現実)
画像認識AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
サイト集客
SEO
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理