広告表示がブロックされたことのある方へ!制限基準30%に対応するための4つのアドバイス。

 

グーグルは2018年2月15日に人気のクロームブラウザにネイティブ広告に対するブロックシステムを導入することを報告しました。広告があらゆる企業を援助している中、検索エンジンの分析の結果オンライン広告表示がときに消費者の期待と経験に悪影響を与えることがわかりました。

しかし、問題を解決するために広告を排除するブロックシステムを利用したところ、ネット上の循環が維持できない状態になってしまいました。そんな中クロームに内蔵された広告ブロックシステムは不適切な広告の排除とUXの改善に貢献することでネット上の循環を再度維持することに成功しました。しかし、これはどのような方法で行われているのか。グーグルはCoalition for Better Ads(CBA)のBetter Ads Experience Programを使い、どの広告表示が適切でありどれがブロックされるべきかを判断しています。

Coalition for Better Ads (CBA)は広告団体連合でありユーザーの期待に応えるため、より良いUXを目指し、オンライン広告の新しいグローバル基準を制定しています。CBAが出したBetter Ads Experience Program はそのオンライン広告基準の一つです。

CBAは100もの広告をリサーチしたところ、初となるモバイルとデスクトップ上での不適切な広告(ポップアップや音声付き自動再生動画)を正確に判断する基準値を出しました。その中でも困惑する基準の一つがモバイルデバイス上の30%以上の広告占有に対する制限基準です。

この基準は「広告が動画、画像、テキスト式にかかわらず、モバイルデバイス上の主要なページ内容量の30%以上を占領してしまうと、結果として不適切な広告表示とみなされる」という内容です。この理由は広告占有率が30%以上を超えるとユーザーは読んでいるテキストに集中できなくなるのです。この現象は非常に不満を抱くことになり結果ユーザーがウェブサイトを見放し、UXの減少へと導きます。

今回の記事ではグーグルのBetter Ads Experience Program問題を克服し複雑な制限基準を知るための最も重要な4つのアドバイスを紹介します。

1.確実に広告の制限基準を理解する

上記で記載したように、基準の主なアイディアは単純です:モバイルユーザーがウェブページを開いたときに広告は30%以上ウェブページを占領してはいけません。しかし、技術的な観点からいうとこの基準は単純ではありません。そこで問題は何がウェブ内容を構成しているのか?広告提供者とユーザーはどのように広告を定義づけるのか?統一したコンテンツと広告の定義は必ず理解しておかなければなりません。

1-1.グーグルによると「コンテンツ」というものは以下のように定義づけられています:

「主なウェブページのコンテンツというのは内容の始まり(大抵記事のヘッドライン)から記事の終わりまでのことを言う。複数のページからなる記事またはギャラリーの場合はナビゲーションの一番下で終わる(「次へ」/「前へ」ボタン)。」

1-2.またグーグルによると「広告」というものはこのように定義づけられています:

広告というのは広告とみなされるすべてのものを指す。それらには動画、ステッキー広告ユニット(ページをスクロールしてもモニター画面に残り続ける広告のこと)、内容提案(主要な内容範囲内に限る)、などが含まれる。」

1-3.実践的な意味だと…

グーグルはユーザーがウェブページにアクセスしたときに書かれているものや表示されている要素を探り、消費したものを「コンテンツ」と説明しています。この内容は画像、グラフ、動画などが含まれます。それに対し広告というのはどんなものも含みます:文章や画像がウェブページに現れるが実際意図したコンテンツに含まれないものを指します。ステッキー広告、アウトストリーム広告動画、画像広告などが後者に当てはまります。

グーグルは今回の新しい基準が上記のような内容を含めすべてのウェブページを計算し判断します。なんとウェブページとして成立しない「404 page」なども制限基準を使い計算され、対処されてしまいます。

2. 必ず広告占有率を計算する

制限基準の規則はピクセルでそれぞれの構成(広告とコンテンツ)を簡単に計算し広告の縦の長さとページに含まれるコンテンツを配慮します。キャンペーンが「悪い広告」にラベル付けされず貴重なSEOステータスを失わないように自分の広告占有のパーセンテージを計算する必要があります。

例えば、コンテンツが1000pxであり3つの広告に2つインライン(300×250)+ステッキーが一つ(300×50)あるとすると計算は:
(500インライン広告px+50ステッキー広告ユニットpx)/1000 合計px=55%広告占有率)となります。

3. いまだ解明されていないものに対し成功をつかむ

広告占有率のデータに関するインサイトが表れ、グーグルが革命的なプログラムを通してどのようなものを獲得しようとしているのかがわかり始めている中、一つまだ大きな謎があります:

30%を超えた広告占有率が検知された対処法とは?

より恐ろしいがダイナミックインベントリー(ダイナミックな広告配置)、フィルレート(広告枠に入れる広告の満稿の割合)、レイジーローディング(広告のロード時間をわざと長くすることでユーザーの注目を浴びる戦略)、そしてメジャーメントに関しての質問が答えられていないことです。それだけではなく広告提供者は「良い広告」を提供するグーグルのテスティングツールの批准と応諾の不足に疑問を抱いています。

新しい基準に直面するにあたって単純に謎が多いというのが現状です。広告提供者は様々な謎から起こりうる結果に直面するよりもしばらくの間はより保守的な広告を発信することをお勧めします。

4. 機械学習と自動化の導入

今回の制限基準はいまだ明確性に欠けているため、クロームが広告ブロックオペレーションを出したところで困惑が生じ、パブリシャーに対する処罪にもつながる可能性があります。しかしそのような問題は不要です。ただ変化に対応してもらえばいいことなのです。

Browsiの徹底したページの最適化にはパブリッシャーがウェブページに対して広告の30%占有率の上限を検知できるツールが含まれています。Browsiはリアルタイムで各ユニークなページレイアウトに反応し、パブリッシャーひとりひとりが最新基準を出すグーグルに適応できることを保証します。グーグルの新しい基準が導入されてもBrowsiのような広告ビューアビリティソリューションを利用することで広告ビューアビリティが維持できることも保証します。

※以上はBrowsi公式サイト“Confused by the 30% Ad Density Standard? Here are 4 tips that will help you get ready”の翻訳記事です。また原文にはない付け加えられた内容も含まれています。画像は原文から引用したものではありません。

より詳しい詳細はBrowsi日本公式サイト(Browsi powered by Gaprise)まで。

河西明範

2018年株式会社ギャプライズ入社。 インターンシップ生として現在Business Creation Teamに所属。 マーケティングソリューションツールBrowsiを担当。

関連記事一覧

タグから探す
Amazon広告
広告最適化
インサイドセールス
SFA(営業支援)
プロジェクト管理
リスティング広告
アフィリエイト広告
SNS広告
SNSマーケティング
メールマーケティング
リードジェネレーション
コンテンツマーケティング
ソーシャルリスニング
UGCマーケティング
マーケティング全般
インフルエンサーマーケティング
サイト集客
サイト改善
LPO
アクセス解析
ヒートマップ
A/Bテスト
MA (マーケティングオートメーション)
パーソナライズ
UI/UX
営業・顧客管理