アパレルECで欲しい商品がすぐに見つかる!ビジュアル検索AI

この記事のタイトルとURLをコピーする

2020/02/25

「ECサイトで検索してもイメージ通りの商品が見つからない...。」
そんな経験はありませんか?

そこでいま注目されているのが「ビジュアル検索」
ECサイトやアプリに画像をアップロードだけで、商品の特徴が読み取られ、類似商品をすぐに見つけることができます。

本記事では、なぜビジュアル検索が注目されているのか、また画像認識AIテクノロジーSyte(サイト)を活用した事例をご紹介します。

1.アパレルECサイトの商品検索における課題

Retail Diveによると、顧客の87%はデジタルチャネルで商品検索を始め、その成否で次の購買ステップに繋がるかが決まります。

ただ、現状のテキスト検索では、顧客のニーズ(利便性、関心、商品選択など)を追いきれず、多くの課題を抱えています。

■正しい語句/書体/つづりの組み合わせでないと、特定の商品が検索できない
■認識されるカラー名が少ない
■「春物 ジャケット」、「オフィス イス」などのテーマ語句への対応が十分でない
■「安い」、「高品質」などの主観的な修飾語への検索結果があいまい

探したい商品がなかなか見つけられなければ、顧客はサイトを離脱します。

ところが、ビジュアル検索では、1枚の画像をアップロードするだけで、すぐに類似商品を見つけることが可能です。

2.イスラエル発のビジュアル検索AI「Syte(サイト)」

グローバルではFarfetch、Marks&Spencer、boohoo、Tommy Hilfgerで導入されているSyte

画像認識AIによって、顧客がWebサイトやアプリにアップロードした画像を解析し、色、スタイル、素材などの詳細情報を読み取ります。

これにより、Instagramで見つけた有名人が着ていた服の投稿のスクリーンショットや友達が履いていた気になるスニーカーの写真を撮るだけで、類似商品を検索することができるのです。

より正確な商品検索

実際、テキスト検索と検索結果を比較してみます。

ファッションサイトBloomingdale’sで「sleeveless pink gown(ノースリーブ ピンク ドレス)」のテキスト検索をすると、下記のような結果になります。

カラー、仕様、袖のタイプについてバリエーションがあり、本当に探したい商品が絞り切れません。

もちろんより正確なカラーを入力すれば検索結果が絞られますが、はたして自分がイメージしている色を正確に検索キーワードとして打ち込めるでしょうか?


[引用]What Visual Search Means for Ecommerce

一方、Syteを搭載したファッションサイトIntuでビジュアル検索をすると...


[引用]What Visual Search Means for Ecommerce

探したい商品と類似性がかなり高い商品検索が可能に。

顧客はより正確な商品をより素早く見つけられ、結果購入に繋がりやすくなります。

どんな写真からも買い物可能

サイトのトップページ写真、商品写真、ブランドロゴ写真など、ビジュアル検索AIは様々な写真の読み取りができます。

また、アップロードした画像からは複数のアイテムが読み取られ、類似商品が表示されます。

ブランドに適した製品タグづけ機能

Intuのような、英国の様々なブランドを集めたECサイトでは、ブランドのデータや画像を管理していないため、検索用のアイテムにタグ付けすることが困難です。

Syteが提供する製品タグ付け機能は、すべての製品で、正確で非常に詳細なタグとして割り当てることが可能になり、Intuのバックエンド機能に革命をもたらしました。


[引用]What Visual Search Means for Ecommerce

3.コンバージョン率2倍、Boohoo導入事例

イギリス拠点のファッション小売サイトBoohooは、Z世代とY世代をターゲットに、商品検索の改善・バイアージャーニーへのSNS統合・商品タグ付けの簡略化を目的にSyteを導入しました。

写真をアップロードして類似商品の検索をする「カメラ検索」と商品詳細ページに表示される「類似商品を探す」ボタンを中心に成果が出ました。

<導入結果>
「カメラ検索」を使った訪問者はそうでない人と比べ、
・コンバージョンが85%増加
・PV数が125%増加

商品詳細ページで「類似商品を探す」を見たサイト訪問者はそうでない人と比べ、
・コンバージョンが2倍
・平均注文額が12%増加
・PV数が135%増加

4.まとめ

画像認識AIテクノロジーの先駆者Syteは、小売業が「消費者と製品を結びつける方法」を革新し、コンバージョンと売上を向上させます。

機能詳細やSyteについてのご質問はこちらからお問い合わせください。

※本記事は、「What Visual Search Means for Ecommerce」、「eCommerce: Text-based search is the problem. Visual Search is the solution.」、「Case Study:boohoo.com」の翻訳・加筆しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする
長谷川竣一

長谷川竣一

マーケティングチームで海外経験を活かしてインターンしています。東京外国語大学ドイツ語科4年。アメリカ・アトランタ生まれ、東京育ち。大学時代体育会サッカー部所属、ドイツ交換留学。TOEIC980、Goethe Certificate C1(ドイツ語ビジネスレベル)取得。

関連記事一覧

タグから探す
DX(デジタルトランスフォーメーション)
SMSマーケティング
マーケティング全般
市場・競合分析
AR(拡張現実)
画像認識AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
サイト集客
SEO
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理