食料品業界がオンライン上でリピーターを増やす6つの戦略

この記事のタイトルとURLをコピーする

EC事業者にUGCマーケティングツールを提供するYOTPO社は、海外2000人を対象に、「外出自粛によって買い物習慣はどのように変わったか」という調査を行いました。

その結果、 最も注目している商品カテゴリーは食料品と回答した人は78.8%

さらに、40.55%が、お気に入りのブランドが品切れになった場合、あまり知らないブランドに切り替えると答えました。

食料品業界にとって、この状況はオンライン上で新規顧客を獲得するチャンスです。

本記事では、多様なチャネルを上手く使い、新しい客を得るだけでなく、彼らをリピーターに変えるための6つの戦略をご紹介します。

※本記事は「6 Strategies for Reactivating One-Time Essentials Shoppers」を翻訳・加筆修正したものです。

1.SMS開封率は98% 顧客との出会いをオンラインに

この期間中、35.65%の顧客はメールやSMS、ネット広告に、多くの関心を向け、、32.05%はネットサーフィンに、25.35%はオンラインショッピングに時間をかけています。

それらのチャネルに注力することにより、あなたは顧客により効率よくアプローチすることが可能です。

その中でも、SMSは、最初の一歩として完璧な手段です。
テキストメッセージは98%の開封率、35%のクリック率でした。

例えば、買い物客が探しているプロテインパウダーが品切れだった場合、あなたの店にある類似品の値引きクーポンを、テキストとともに送ることで、需要がある人に商品を紹介することができます。

その後、入荷のタイミングでテキストを送って知らせると効果的です。

2.カスタマーレビューで商品の質を保証

商品の独創性と質は、カスタマーレビューと星評価によって強調されます。そのため、本当に信頼されるカスタマーレビューや星評価を、集め、ECサイトなどに表示すると、より効果的です。

また、SNSなどを見ている時、友人によるおススメの商品についての推薦文は、それを見た消費者にとって、購入の動機になりえます。

3.SEOページを活用しGoogle検索上位へ

調査によると、欲しい商品が手に入らないとき、多くの消費者があまり知らないブランドの類似品を購入しています。現在、多くの顧客がネットサーフィンをしている上に、食料品に注目しているので、今の状況は、前例のないチャンスです。

この機会に、あなたのECサイトをすべて収容し、レビューを生成するためのページ・SEOページを活用すべきです。

その結果、サイトへのアクセスが増加するので、Google上でのオーガニックランキングの向上が期待できます。

さらに、星評価とGoogle検索結果で特集された商品情報を一体化させたリッチリザルトは、買い物客が求めている商品に関する情報を、適切に提供します。

4.クーポンで他社と差別化

クーポンやタイムリーなプロモーションは、消費者の注意を引き付けたい場面で、他社との差別化になります。

例えば、もし、買い物客が水のペットボトルのケースを買うときに、一つ買ってレビューを残したら、次のケースは40%オフで買えると知ったら、彼らはレビューを残し、次もこのケースを購入するでしょう。

5.ブランドで顧客コミュニティを築く

この自粛期間中、人々は誰かと繋がる方法を探しています。そこで、面白くて創造的な方法で消費者のコミュニティーを作ることで、ブランドの知名度は高まります

例えば、 消費者に、あなたの商品と何かを組み合わせて自炊したレシピを、動画や写真と一緒にシェアするよう依頼するキャンペーン。または、彼らが家にいる間、あなたの商品を創造的な方法で使った動画や写真でもかまいません。

このような、顧客が参加したくなるようなキャンペーンが、今、求められています。さらに拡散するために、勝者には報酬として、値引きクーポンやロイヤルティプログラムを与えるとすると効果的です。また、集まった動画や写真はホームページに展示して、他の顧客へのアピールとして使いましょう。

6.ポイントプログラムの向上

ポイントプログラムは、消費者との長い付き合いを作り出し、促進します。

ポイントプログラムによって、商品を超えた価値を提供することで、新しい顧客とすぐに繋がることができます。消費者が最初の購入をするとき、次の購入に対してポイントや登録による値引きクーポン、VIPステータスのような利益を提供することによって、あなたのプログラムに参加し続けることを勧めてください。

日本のスナック菓子の定期購読サービス・Bokksuは、長い付き合いの基盤を用意するために、初回購入後、自動で買い物客にVIPステータスを与えます。

一度、消費者があなたのポイントプログラムに参加したら、レシピや料理教室のインスタライブを提供したり、あなたのブランドの食料品ブログの最新の投稿を受け取るためにサインアップしてもらったりと、この時期に顧客が楽しめるようなことを企画してください。顧客に価値を与えるだけでなく、ブランドエクイティを築きます。

7.まとめ

この期間、色々な制約があるからこそ、今はオンライン上で新規顧客を獲得するチャンスです。

また、集めた顧客をリピーターにするためには、レビューの収集やポイントプログラムの向上が有効です。

みんなが家にいる今だからこそ、Eコマース戦略を見直し最適化していきましょう。

UGCマーケティングツールYOTPOについてはこちらをご覧ください。

※本記事は「6 Strategies for Reactivating One-Time Essentials Shoppers」を翻訳・加筆修正したものです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
梶田真衣

梶田真衣

2020年2月入社。マーケティングチームのインターン生。オーストラリアへの留学経験あり。

関連記事一覧

タグから探す
マーケティング全般
市場・競合分析
AR(拡張現実)
画像認識AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
サイト集客
SEO
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理