UGCでコンバージョン率約2倍!アウトドア用品ECサイト事例

この記事のタイトルとURLをコピーする

アメリカのアウトドア用品ブランド・Leathermanは、自社ECサイトを運営していたものの顧客を誘導できず苦戦していました。

UGCマーケティングツール(※1)YOTPO導入後、レビュー収集数は22,000件以上。また、再訪率は48%を超え、UGCを見た人のコンバージョン率は見ていない人の約2倍に。

本記事では、UGC活用の3つのポイントをご紹介します。

(※1)UGC(User-generated-content):商品レビューやツイート、写真などユーザーが生成コンテンツの相称。詳しく知りたい方は「UGCとは?活用すべき理由とマーケティング事例13選」をご覧ください。 

1.ECサイトと顧客を結びつけるためにUGCを活用

Leathermanは、世界中のアウトドア愛好家や冒険家のための、様々なマルチツールを販売しています。サードパーティセラーを通しての販売だけでなく、ECサイトを通したD2C(※2)での販売も行っています。

Leathermanには一定数のファンがいたものの、ECサイトの利用・売上は伸び悩んでいました。そのため、サイト上での体験を改善する必要があり、彼らはUGCに目をつけます。

UGCを紹介することで、ECサイト上でも、ブランドの個性を表現し、商品の質の高さを買い物客に証明することができます。また、顧客のインサイトもわかります。

最初に導入したツールでは、希望のすべてを叶えることができず、より高度なツールを求めていた時に出会ったのが、YOTPOでした。

(※2)D2C(Direct to Consumer):メーカー(ブランド)が、仲介業者や販売店を介さずに、自社の商品をECサイト上で直接消費者に提供するビジネスモデル。D2Cについて詳しく知りたい方は「海外企業の実態から学ぶ、今注目すべきD2Cマーケティングとは?」をご覧ください。

道具を購入するとき、他の顧客を通した集められた、なぜその道具を買ったのか、どうやって使っているのか、といったインサイトを読むことはものすごく便利です。さらに、道具を実際に使っている様子を写真で見ることもできます。
[引用]Leatherman Educates & Empowers Customers with Yotpo:Kristen Lutjen/Global Digital Marketing Manager

2.UGC接触でコンバージョン率が約2倍になった3つのポイント

(1)ビジュアルギャラリー

ブランドは、Instagram上の写真や動画を活用し、ECサイトTOPで、商品ページに直結するビジュアルギャラリーを作りました。UGCにより、ソーシャルプルーフを商品ページに反映し、商品の活用法を紹介することで、買い物客の注意を引き付けます。

ビジュアルギャラリーのクリック率は12%。買い物客を商品ページへ誘導するためにかなり貢献しています。

(2)カスタマーレビュー

また、YOTPOによって、22,000以上のカスタマーレビューを収集。

レビューリクエストの中にカスタマークエスチョンを用意することで、「商品の使い方のタイプ」や「使いやすさ」といった具体的な情報をレビューに組み込むことができます。これにより、他の買い物客が求めている商品を発見しやすくなります。

これらのレビューは、買い物客が最も情報に基づいた購入決定を行えるようにサポートします。顧客が残したレビューに後押しされた購入は、新たな顧客の参加を促し、価値のあるソーシャルプルーフを作り出す、好循環を生み出します。

(3)スマートフィルターウィジェット

さらに、Leathermanはスマートフィルターウィジェットを活用。その結果、買い物客は、釣りやハイキングのような自身の興味や、AIがレビューから抽出した快適さや質といったスマートトピックによって、レビューにフィルターをかけることができます。

サイト上のフィルター機能は、顧客に自身の購入決定を信頼させます。

※英語のみの機能となります。

3つのポイントを取り入れた結果

上記の3つを取り入れたことで、Leathermanの顧客は、より簡単に45の異なるマルチツールの違いがわかるようになりました。違いがわかることで、ニーズに最も適した商品を購入することができます。実際、UGCを見た後、ECサイトに戻ってくる人は48%以上もいます。

また、YOTPOで、レビューを読み、画像を閲覧した買い物客は、閲覧していない人たちより、コンバージョン率が1.98倍に。

Leathermanは、YOTPOを使い、UGCをECサイト上に取り入れることで、顧客のコミュニティーとデジタルプレゼンスを一致させることができました。

商品、ブランド、カスタマーサービスのフィードバックの豊富な源として、レビューを使いなさい。あなたは、発掘したものに驚くでしょう。そして、あなたはそれらのインサイトを、一貫して反復し、発展させ、改善するために使うことができます。
[引用]Leatherman Educates & Empowers Customers with Yotpo:Kristen Lutjen/Global Digital Marketing Manager

 

3.まとめ

Leathermanは、オンライン上でも、買い物客に商品の使用イメージや違いを理解してもらうために、既存顧客によるUGCを活用しました。

・ビジュアルギャラリー
・カスタマーレビュー
・スマートフィルターウィジェット

の3つの要素は、ECサイト上でも、購入決定を自信をもって行ってもらう手助けとなりました。さらに、UGCを参考に購入した人が新たなレビューを書くことで、買い物客を引き付けるというサイクルが生まれます。

ECサイト上での販売促進にはUGCが欠かせません。

今回紹介したUGCマーケティングツール・YOTPOはこちらから。

※本記事は、「Leatherman Educates & Empowers Customers with Yotpo」を翻訳・加筆修正したものです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
梶田真衣

梶田真衣

2020年2月入社。マーケティングチームのインターン生。オーストラリアへの留学経験あり。

関連記事一覧

タグから探す
マーケティング全般
市場・競合分析
AR(拡張現実)
画像認識AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
サイト集客
SEO
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理