WalmartがShopifyと提携、UGCマーケティングが差別化のポイント

この記事のタイトルとURLをコピーする

2020年6月15日(月)、WalmartはShopifyと提携することを発表しました。この提携により、Shopifyを利用し出店しているブランドは、Walmartマーケットプレイス(※1)に出品することが簡単にできるようになります。

WalmartのEコマース事業の売上は、この自粛期間中に1.74倍に増加。急成長中のマーケットプレイスに出品し、成果を出すためには、同じフィールド上の競合との差別化が必要です。

本記事では、WalmartとShopifyの提携に関する詳しい情報と、Walmartマーケットプレイス上で勝ち抜く方法をご紹介します。

(※1)マーケットプレイス:売り手買い手が自由に取引できるインターネット市場。有名なものはAmazonマーケットプレイスなど。

1.Eコマース事業売上は1.74倍に成長、Walmartで出品のメリット

先週の初め、Walmartは、Shopify参加ブランドがWalmartマーケットプレイスにて商品を簡単に出品できるようになることを発表しました。

Walmartに認可されたブランドは、Shopifyを使用して運用しているネットショップとWalmart Seller Accountを結びつけることで、商品カタログをすばやく、簡単に同期し、Walmartマーケットプレイス上に商品リストを作ることができるように。

アメリカ合衆国郵便公社・USPSとデジタル市場分析会社・comScoreによる調査から、オンラインで買い物をする人の97%が、最終的な購入をする前に、マーケットプレイスで商品を閲覧することと、多くの加盟店がマーケットプレイスから自社ECサイトに入ってくるトラフィックが増加したことがわかりました。

Walmartの最新の収益レポートによると、主にマーケットプレイスの後押しにより、Eコマース事業の売上は1.74倍に増加。さらに、Walmartマーケットプレイスの月間ビジターは1.2億人であり、このマーケットプレイスは巨大なチャネルとなりつつあるとわかります。

Shopify参加ブランドがWalmartでできることは以下の4点です。

・認可されれば、数量無制限でプロダクトを出品
Shopifyで商品の画像や品揃えを変更し、自動でWalmartのサイトに反映
Shopifyから直接、在庫と注文の管理
・月額料金の追加支払いは不要

このように、影響力が大きく、使い勝手のよいWalmartマーケットプレイスには、年末までに、Shopify上の1,200店舗が参加予定です。今後も続々と参入が見込まれる中で、どうやって同じフィールド上の競合と差別化をすれば良いのでしょうか?

2.競合他社に差をつける、UGCマーケティングツールYOTPO

レビューやInstagramの投稿などをECサイトに掲載できるUGCマーケティングツール・YOTPOは、Shopifyと提携を結んでいます。さらに、Walmartともパートナーシップを結びました。

その結果、Shopify上だけでなく、Walmart上でもYOTPOのテクノロジーを利用できるように。ブランドは、Walmartのマーケットプレイスでも、それまでに集めた商品レビューやビジュアルUGCを掲載することができます。

これにより、各ブランドは、コンテンツの影響を拡大し、販売を促進する信頼度の高いソーシャルプルーフにより、Walmartマーケットプレイスでの存在感を高めます。

具体的に、以下のような効果があります。

レビューが商品を強化

Walmartマーケットプレイスで始動するブランドにとって、それぞれの商品に十分なレビューを生み出すことには時間がかかります。

YOTPOとともに、ブランドは自身のチャネルから既存のレビューをWalmart上で共有することが可能。これにより、影響力が高いコンテンツですぐに商品を強化することができます。

商品ランキングの改善

競争の激しい市場で、商品の認知度を高めるためにはレビューが不可欠です。ブランドは、YOTPOとの協力によって、競争に打ち勝つことができます。

自社のウェブサイトで収集した高品質なコンテンツを継続的に共有し、ブランドは、Walmartマーケットプレイスのレビュー数を時間の経過とともに増加させることができます。レビューの増加により、ソーシャルプルーフが構築され、商品ランキングが改善されるでしょう。

新しい顧客にリーチし、信頼を築く

ブランドは、信頼性の高いレビューを通じて、潜在顧客との信頼関係を瞬時に構築することができます。Walmartマーケットプレイスの影響力を活用することで、ブランド全体の成長に繋がります。

3.まとめ

Shopifyと提携したことで、Walmartマーケットプレイスの影響力はますます大きくなるでしょう。

Walmartマーケットプレイスのように、競合が多いプラットフォーム上で差別化を図るために、UGCマーケティングツール・YOTPOは活躍します。

今回の事例で登場した、UGCマーケティングツール・YOTPOについて問い合わせはこちらから。

※本記事は「Yotpo Enables eCommerce Businesses to Syndicate Product Reviews to Walmart.com」を翻訳・加筆修正したものです。

<参考記事>
Shopify becomes Walmart’s first-ever commerce platform partner, helping businesses reach shoppers and grow sales
Walmart’s online sales surge during the pandemic, bolstering its place as a strong No. 2 to Amazon
ウォルマートが打倒アマゾン、オンラインマーケットプレイス拡大でShopifyと提携

この記事のタイトルとURLをコピーする
梶田真衣

梶田真衣

2020年2月入社。マーケティングチームのインターン生。オーストラリアへの留学経験あり。

関連記事一覧

タグから探す
マーケティング全般
AR(拡張現実)
ビジュアル検索AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
サイト集客
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理