【実践編①】インフルエンサーマーケティングの導入

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングは、いかに「人と人との関係」を築くことができるかにあります。

なぜなら、人々が求める価値と、ブランドが提供する価値をうまく結び付け、そのブランドの良さを表現し、伝えていくことが求められているからです。

そんな中、人々から多くの信頼が寄せられている「影響力のある人」が、実際にブランドの魅力を感じ、発信をする。

それによって、ブランドが提供する価値を、まさにそれを求めているターゲット層の人々へアプローチができるのです。

さらに、インフルエンサーと関わる中で、ある分野で最も影響力のある存在とコミュニケーションをとる機会も生まれます。TwitterやInstagram、ブログなどのメディア上で、あるいは直接会って話をすることで(この時代でも!)、インフルエンサーである彼らがブランドについてどのように考えているのか、話を聞く機会ができるのです。

正しいインフルエンサーと協力し、しっかりとした関係を築くことができれば、より多くの人々にリーチを拡大し、より強い信頼やファンからの反応が返ってきます。言うまでもなく、ROIの数値から見ても、SEOの観点からみても効果があるでしょう。

 

インフルエンサーはどんな存在?

インフルエンサーとは、ある分野において強い影響力をもつ人を指します。

つまり、インフルエンサーが話すと、多くの人々が耳を傾けます。

それがコスメについてでも、テクノロジーに関してでも、あるいはスポーツカーに関してでも、インフルエンサーは多くの人を魅了します。

だから多くの人が、携帯電話の新機種であろうと、新発売のネイルポリッシュについてであろうと、インフルエンサーが新しい商品について発信するのを、待ち遠しくしているのです。

 

すべてが始まるきっかけ

インフルエンサーマーケティングは、ソーシャルメディアの登場とともに生まれました。

昔は、マイケルジョーダンがナイキを着て宣伝をしていたように、芸能人が商品を奨めることが主流でした。

しかし、ソーシャルメディアの登場によって、私やあなたが自分のスマートフォンやPCから簡単に数百万人ものユーザーにリーチさせることが可能になったのです。

 

インフルエンサーマーケティングの効果は?

16歳のvlogger(ブログに動画を投稿する人)が新しいランニングシューズについてのレビューを投稿する方が、名高いスポーツ選手が投稿するよりも、強い影響力をもつことがあります。

だから、何人かのインフルエンサーが、ブランドについて、幅広くコンテンツを生み出せば、それは、ビジネスの成果をあげるのに非常に大きな効果があります。

 

人々は、ものを買う前に、候補を探しだし、買うべきかどうか考え、迷った時は相談します。その時、人々は人と話をするのであって、ブランドと話をするのではありません。

それが、ブランドマーケティングで企業が直面している課題です。

どのようにその壁を壊して、どのように人々と話をしていくか。ブランドとしてではなく、信頼できる人として。

ここには、ブランドと人々とを結びつけるような存在が必要です。

人々に自社の商品やブランドをアピールし、代わって話をしてくれる、信頼できる仲介役が必要です。それには、宣伝依頼を受けたスポンサー投稿として見られないような、その人自身の投稿によって、ブランドや商品について発信することが重要です。

そしてそこに、インフルエンサーマーケティングが成り立つのです。

 

すぐにインフルエンサーマーケティングを始めるべき5つの理由

1.誰かに商品・ブランドを広めてもらうことができる

それがインターネット上であっても、そうでなくても、人々の会話の中でブランドが話題にのぼることが理想です。正しいインフルエンサーと良い関係性を築くことができれば、インフルエンサーはそのブランドのストーリーを、想定以上に広めてくれるでしょう。

2.広告が無視されやすくなった今でも、投稿に注目を集めることができる

広告の効果はここ数年で急速に低下しています。広告が多すぎて、人々は無意識のうちに広告を無視できるようになってきたのです。だから、インフルエンサーマーケティングは、ブランドに気づいてもらうための真の方法なのです。

3.Googleでランクを上げ、SEO対策ができる

この点については見落とされがちですが、インフルエンサーマーケティングはかなりSEOの効果があります。ウェブ上の信頼できるソースからの発信により、検索エンジンでブランドがより上位に表示されるようになります。

4.ROIを高めることができる

Tomosonによると、インフルエンサーマーケティングで1ドル使えば、そのリターンは6.5ドル(日本円で約780円)にもなるそうです。

5.単純に、それが効果的だから

92%もの消費者がどんなタイプの広告よりも、ソーシャル上のインフルエンサーからのおすすめを信頼します。信頼の厚いインフルエンサーからのおすすめは、トラフィックだけでなく、ブランドの知名度を向上させ、さらなる売り上げを生み出します。単純に、それが効果的なのです。

※92% of consumers trust recommendations from social influencers over all forms of advertising (Nielsen)

 

次のステップは、インフルエンサーを見つけること

ソーシャルメディア上には、数億ものユーザーがいます。だから、インフルエンサーを見つけることは、干し草の山の中から一本の針を見つけるようなものなのです。

しかも、見つけなければいけないのは、ただ影響力があるというだけの人ではなく、ブランドにあった影響力のある人。Twitterだけをとってみても、1日約5億ツイートがつぶやかれており、かなりの量のリプライやコンテンツが日々シェアされているのです。

どのようにしたら、貴社ビジネスのための、正しいインフルエンサーを見つけ出すことができるのでしょうか。

 

※以上はKlear公式サイト“Klear Guide to Influencer Marketing Intro”の翻訳記事です。また、一部画像は原文より引用したものです。

 

▼インフルエンサーマーケティング・SNS分析ツール「klear」はこちら

関連記事一覧

タグから探す
SFA(営業支援)
プロジェクト管理
SNSマーケティング
リードジェネレーション
ソーシャルリスニング
UGCマーケティング
マーケティング全般
インフルエンサーマーケティング
サイト集客
サイト改善
LPO
アクセス解析
ヒートマップ
A/Bテスト
UI/UX
営業・顧客管理