たった5分でわかる。Amazon広告のすべて

この記事のタイトルとURLをコピーする

2019/07/09

今まで、Amazon広告の記事で何度もお伝えしてきた通り、Amazon内で商品を売るのにAmazon広告(Advertising)を使用しない手はありません。

今回は、Amazon広告を最大限活用するために必要な、Amazonの仕組みから種類までの知識を総復習していきましょう。

忘れていた点がないか再確認してください。

1.Amazonの仕組み

Amazonで売上を上げる為には、まず、Amazonの仕組みやデータを知っておく必要があります。

Amazonのユーザー層は、広告媒体資料によれば、老若男女様々なユーザーがいることがわかります。

ユーザーが、商品の比較検討や購入を目的として、Amazonに来ていることは、簡単に想像できます。
Amazon内でどのような行動をとっているのでしょうか。

Amazonで売上を上げるには、検索上位に表示される必要があります。
Amazon公式動画によれば、ユーザーの約7割は検索結果の1ページ目しか見ないそうです。

検索結果の1ページ目に載るには、Amazon独自の「A9」と呼ばれる検索エンジンに評価される必要があります。
A9は、商品詳細ページのアクセス数や注文数、レビュー数を評価すると言われています。

2.Amazon広告を使用する理由

Amazon広告を使用する理由は主に2つです。
1つ目は、Amazon内での検索順位を上げるため。2つ目は、Amazonの外に認知を広げるためです。

1つ目のAmazon内で、検索順位を上げるためには、前項で紹介した通り、A9に評価される必要があります。
そのためには、商品詳細ページのアクセス増や注文数が大事です。

貴社商品へのアクセス数を増やす方法のうち、最も手堅い手法がAmazon広告を使用することです。
Amazon広告の施策が順調に回れば、検索結果の1ページ目に載る事もあります。
その結果、売上が上がることも十分に考えられます。

2つ目のAmazonの外に認知を広げるためには、AmazonDSP広告などを使用する必要があります。

Amazonの外に認知を広げることで、潜在層にアプローチすることができます。

もちろん、認知獲得施策なので、必ずしもAmazon広告で施策を打つ義務はありません。

しかし、ユーザーのAmazon内の閲覧履歴からリターゲティングを行うことが可能な点や、購買履歴から興味関心を推定し「旅行好き」などのライフスタイルターゲティングができるのは、AmazonDSP広告、最大の強みです。

3.Amazon広告の種類と特徴

Amazonで商品を売買する方法は2つあります。

セラーセントラルとベンダーセントラルです。

セラーセントラルは、企業がAmazonのシステムを使用してユーザーに直接商品を販売する方法で、価格設定などは自由に決定できます。
ベンダーセントラルは、企業がAmazonに商品を卸し、販売してもらう方法です。商品の管理から返品などをAmazonに任せることができます。

どちらの販売方法を選択するかで、使用できる広告が多少変化します。

3-1.Amazonスポンサープロダクト/ブランド広告

スポンサープロダクト/ブランド広告は、主に検索結果画面に表示できる広告の事で、下図のような場所に広告が出稿されます。
スポンサー広告出稿場所
スポンサープロダクト/ブランド広告の最大の強みは、商品詳細ページへのアクセス数を稼ぎやすい広告であることです。

さらに、Kenshoo(ケンシュー)を使用すれば、平日の夜や休日・祝日なども広告を最適化でき、効果が高まります。

スポンサープロダクト/ブランド広告の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

3-2.Amazonディスプレイ/動画広告

Amazonディスプレイ広告は、トップページ、検索結果画面、商品詳細ページ、決済完了ページと様々なところに様々な形態で広告を出稿できます。

動画広告も、トップページや商品詳細ページに、広告を出稿することができます。

ディスプレイ/動画広告の強みは、Amazon内での認知拡大に大きな影響を与えます。
ディスプレイ/動画広告の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

3-3.Amazonストア/カスタム広告

ストア広告とカスタム広告は、Amazon広告の中でもユニークな広告手法です。

ストア広告は、Amazon上に独自のURLを生成し、ブランドの紹介が可能なLPを作成できます。

ブランドの認知向上や、商品のクロスセルなどを狙うことが可能です。

一方、カスタム広告は、デジタル広告だけでなく、オフラインでの施策を打つことができる広告です。

現在、Amazonの公式ページに掲載されているカスタム広告は、インシップ広告とブックカバー広告のみです。

それぞれ、商品を送る箱の中にチラシやブックカバーを入れることが可能な広告です。

ストア広告/カスタム広告の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

3-4.AmazonDSP広告

DSP広告は、Amazonの外に認知を拡大することのできる広告です。

AmazonDSPの最大の強みは、Amazon内での行動履歴をターゲティングのデータとして使用可能な点です。

しかし、広告主側でコントロールできる部分が他の広告と比べた際に、少ない点に気をつけましょう。

AmazonDSP広告の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

4.まとめ

この記事を読んだことで、Amazon広告への理解度が高まったのではないでしょうか。

Amazon広告についてもっと知りたい方や、何かわからない事、悩み事のある方は、気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

何か、お力になれるかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
本間 耀基

本間 耀基

2019年1月ギャプライズ入社。インターン生。

関連記事一覧

タグから探す
マーケティング全般
AR(拡張現実)
画像認識AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
サイト集客
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理