驚異の進化!高級コスメECサイトの表示速度が3年で劇的に改善!その舞台裏に迫る

この記事のタイトルとURLをコピーする

いくつかのラグジュアリーコスメブランドのサイトが、ここ最近で驚くほど表示速度が速くなっているのをご存知でしたか?

高級ブランドのECサイトと言えば、美しい画像や洗練された動画が豊富に使用され、読み込みに時間がかかるというイメージを持つ方も多いでしょう。しかし、この3年間でその常識が覆されつつあります。

下記のグラフは、トップ10のラグジュアリーコスメブランドにおけるLCP(Largest Contentful Paint)の改善率を示しています。最も改善率の高いブランドでは、なんと51.38%もの速度向上を達成しています。

なぜ、このような劇的な改善が可能になったのでしょうか?各ブランドはどのような戦略を採用したのでしょうか?

本記事では、60のラグジュアリーコスメブランドのECサイトを対象に、2021年6月から2024年5月までの3年間にわたるLCPデータを徹底分析しました。その結果明らかになった、驚くべき進化の舞台裏に迫ります。

美のデジタル革命

先月、当社が公開した「LUXURYコスメブランド60のサイト表示速度を徹底調査!ユーザー体験とビジネス成果の相関関係が明らかに」という記事とそれに付随するレポートに、好意的な反響をいただきました。多くの読者から、「過去からの変遷をもっと知りたい」「成功ブランドの具体的な施策が知りたい」というフィードバックが寄せられました。

そこで今回、皆様のご要望にお応えして、過去3年間にわたるラグジュアリーコスメブランドのECサイト表示速度の変遷を徹底的に分析し、その驚くべき結果をお届けします。

ラグジュアリーコスメ業界で、静かな、しかし劇的な革命が起きています。その主役は、意外にも「待ち時間」です。

かつて、高級感と洗練さを追求するラグジュアリーブランドにとって、ウェブサイトの表示速度は二の次の問題でした。豪華な画像、細やかなアニメーション、没入感のある動画―これらが、ブランドの世界観を表現する上で不可欠だと考えられてきたのです。

しかし、デジタル時代の到来とともに、状況は一変しました。

2021年、GoogleがCore Web Vitalsを検索ランキングの要因として導入して以来、ウェブサイトのパフォーマンス、特に「Largest Contentful Paint(LCP)」と呼ばれる指標が、突如としてEコマース成功の鍵を握るようになったのです。

LCPとは、ページの主要なコンテンツが読み込まれるまでの時間を測定する指標です。Google推奨の「良好」な値は2.5秒未満。しかし、2021年時点で、多くのラグジュアリーコスメブランドのECサイトは、この基準をはるかに上回る表示速度でした。

そこから3年。業界は驚くべき変貌を遂げます。

本記事では、先月の調査をさらに掘り下げ、60のラグジュアリーコスメブランドのECサイトを対象に、2021年6月から2024年5月までの3年間にわたるLCPデータを徹底分析しました。その結果明らかになったのは、表示速度の改善が、単なる技術的な課題ではなく、顧客体験と売上に直結する戦略的な施策であるという事実です。

「美しさ」と「待ち時間」。一見相反するこの2つの要素のバランスを取ることで、トップブランドたちはどのように驚異的な成果を上げたのか。そして、その戦略から私たちは何を学べるのか。

ECマーケターの皆様、お待たせしました。美しさは、もう待たない時代です。この3年間の変革の軌跡から、次の3年を勝ち抜くための重要な洞察が得られることでしょう。

LCPとは何か?なぜ重要なのか?

まず、議論の中心となるLCP(Largest Contentful Paint)について、より詳しく見ていきましょう。

LCPは、ウェブページの読み込みパフォーマンスを測定する重要な指標の1つです。具体的には、ビューポート内で最も大きな画像やテキストブロックが表示されるまでの時間を測定します。言い換えれば、ユーザーがページの主要なコンテンツを目にするまでの時間を示しているのです。

Googleは、良好なユーザー体験を提供するためのLCP基準を以下のように設定しています

  • 良好:2.5秒未満
  • 要改善:2.5秒から4秒
  • 不良:4秒以上

なぜLCPがこれほど重要視されるようになったのでしょうか?その理由は主に3つあります。

  1. ユーザー体験への直接的影響 ユーザーは、クリックしてから主要コンテンツが表示されるまでの「待ち時間」に非常に敏感です。LCPが遅いサイトは、ユーザーにストレスを与え、離脱率を高める原因となります。
  2. 検索エンジン最適化(SEO)への影響: 2021年以降、GoogleはCore Web Vitalsの一部としてLCPを検索ランキングの要因に組み込みました。つまり、LCPの改善は直接的にサイトの検索順位向上につながる可能性があるのです。
  3. コンバージョン率への影響: 複数の研究が示すように、ページ読み込み速度はEコマースサイトのコンバージョン率に大きな影響を与えます。例えば、Amazonの調査では、ページ読み込み時間が100ミリ秒遅くなるごとに1%の売上減少が見られたという報告があります。

ラグジュアリーコスメのEコマース市場において、LCPの重要性は特筆すべきものがあります。なぜなら、この業界では視覚的な魅力が製品の価値を伝える上で極めて重要だからです。高解像度の製品画像、詳細な成分情報、使用感を伝える動画など、豊富なコンテンツが必要不可欠です。

しかし同時に、これらの要素は往々にしてページの読み込み速度を遅くする原因にもなります。そのため、「美しさ」と「速さ」のバランスを取ることが、ラグジュアリーコスメブランドのECサイトにとって大きな課題となっているのです。

次のセクションでは、この課題に対して業界全体がどのように取り組み、成果を上げてきたのかを、具体的なデータを基に見ていきます。

調査概要: 60ブランド・3年間のデータが語る真実

今回の調査は、ラグジュアリーコスメ業界における60の主要ブランドを対象に、2021年6月から2024年5月までの3年間にわたるLCP(Largest Contentful Paint)データを分析したものです。この期間は、GoogleがCore Web Vitalsを検索ランキングの要因として導入した直後から現在に至るまでを網羅しており、業界全体の変化を捉えるのに最適な時間軸といえます。

調査方法

  1. 対象ブランド: @cosme SHOPPING(アットコスメショッピング)で紹介されているLUXURYコスメブランド60の直販サイト
  2. データ収集期間: 2021年6月1日から2024年5月31日までの3年間
  3. 測定ツール: Google社のChrome ユーザー エクスペリエンス レポートの公式データセットを使用し、各サイトのドメインレベルで4G回線かつモバイルデバイスのLCP(最大コンテンツの描画)を比較
    ※計測できなかったURLについては対象外としています

業界全体のLCP改善トレンド

3年間のデータを分析した結果、ラグジュアリーコスメ業界全体で顕著なLCP改善トレンドが観察されました。

  1. 平均LCP値の推移:
    • 2021年6月-2022年5月: 2800.94ms(約2.80秒)
    • 2022年6月-2023年5月: 2659.48ms(約2.66秒)
    • 2023年6月-2024年5月: 2445.69ms(約2.45秒)
      業界平均で見ると、3年間で約12.68%のLCP改善が達成されました。特筆すべきは、2024年5月時点で業界平均がGoogle社の推奨する「良好」な水準である2.5秒を下回ったことです。これは、ラグジュアリーコスメ業界全体が、視覚的な豊かさを保ちながらも、ウェブパフォーマンスの重要性を認識し、着実に改善を進めてきた証と言えるでしょう。この進歩は、美しさと速さの両立という、業界特有の課題に対する真摯な取り組みの成果を示しています。
  2. Googleの「良好」基準達成率:
    • 2021年6月-2022年5月: 36.7%(22ブランド)
    • 2022年6月-2023年5月: 38.3%(23ブランド)
    • 2023年6月-2024年5月: 51.7%(31ブランド)
      「良好」とされる2.5秒未満を達成したブランドの割合が増加しています。しかし、まだ改善の余地が大きいことも示唆されています。
  3. 改善率の分布:
    • 30%以上の改善: 11ブランド(18.3%)
    • 10-29%の改善: 18ブランド(30%)
    • 0-9%の改善: 6ブランド(10%)
    • 悪化: 16ブランド(26.7%)
    • データ不完全: 8ブランド(13.3%)
      約58.3%のブランドが10%を超える改善を実現し、業界全体として前向きな変化が見られます。しかし同時に、26.7%のブランドでパフォーマンスの悪化が観察されており、業界内での取り組みに大きな差があることも明らかになりました。また、13.3%のブランドでデータが不完全であることは、継続的な測定と改善の重要性を示唆しています。

なぜこの期間が重要なのか

2021年6月から2024年5月までの3年間は、ラグジュアリーコスメのEコマース業界にとって転換期となりました。

  1. Core Web Vitalsの導入: 2021年6月からGoogleがCore Web Vitalsを検索ランキングの要因として導入したことで、多くのブランドがウェブパフォーマンス改善に本腰を入れ始めました。
  2. パンデミック後のEコマースシフト: COVID-19パンデミックを経て、消費者のオンラインショッピング習慣が定着。高級ブランドもEコマース戦略を重視せざるを得なくなりました。
  3. モバイルファーストの本格化: スマートフォンでのショッピングがますます主流となり、モバイル体験の最適化が急務となりました。
  4. 競争の激化: D2C(Direct to Consumer)ブランドの台頭や、既存ブランドのデジタル強化により、オンライン上での競争が一層激しくなりました。

これらの要因が重なり、ラグジュアリーコスメブランドは「美しさ」と「速さ」の両立という課題に真剣に取り組まざるを得なくなったのです。その結果が、今回の調査で明らかになった劇的な改善傾向に表れています。

次のセクションでは、この3年間で特に顕著な成果を上げた上位10ブランドに焦点を当て、その戦略と成果を詳しく見ていきます。

トップパフォーマーたち:LCP改善の優等生10ブランド

業界全体が改善傾向を示す中、特筆すべき成果を上げたブランドが存在します。ここでは、過去3年間で最も顕著なLCP改善を達成した上位10ブランドに焦点を当て、その成果と特徴を分析します。

まずは、2021年6月を起点として過去3年間のLCP改善率の高かったブランドTOP10をランキング形式でご紹介します。

全60ブランドのレポートはこちら >>

この表から、いくつかの興味深い傾向が見えてきます。

  1. 大幅な改善: トップ10のすべてのブランドが30%以上のLCP改善を達成しています。特に上位4ブランドは40%を超える劇的な改善を示しています。
  2. 幅広い初期状態: 2021年6月時点のLCP値は、2125ms(NARS)から6000ms(ゲラン)まで幅広く分布しています。これは、初期状態に関わらず、適切な戦略により大幅な改善が可能であることを示唆しています。
  3. 目標達成: 2024年5月時点で、10ブランド中6ブランドがGoogleの推奨する「良好」な水準である2.5秒を下回っています。残り4ブランドも大幅に改善し、「良好」な水準に近づいています。
  4. バランスの取れた改善: 高級感のあるビジュアルを維持しつつ、大幅なLCP改善を達成しているのが特徴的です。

それでは、特に注目すべき上位3ブランドの戦略を簡単に見ていきましょう。

1. ON&DO:5125ms ▶︎ 2491ms(改善率:51.38%)

ブランド紹介

ON&DOは、日本発の自然派コスメブランドです。「肌と地球にやさしい」をコンセプトに、オーガニック原料を使用した製品を展開しています。環境への配慮と高品質な製品で、近年急速に人気を伸ばしているブランドの一つです。

改善の軌跡

ON&DOの改善は、特に注目に値します。2021年6月 – 2022年5月時点では、LCP値が5125msと、Googleの推奨する「良好」な水準である2.5秒を大きく上回っていました。しかし、わずか2年間で2491msまで改善し、Googleの基準をクリアするまでに至りました。

この劇的な改善は、ON&DOのウェブ開発チームと担当者の並々ならぬ努力の結果と言えるでしょう。5秒以上かかっていた初期状態から、EC業界全体で見ても良好な水準へ飛躍的な進歩を遂げた背景には、技術的な挑戦だけでなく、組織全体での理解と協力、そして継続的な改善へのコミットメントがあったことが想像されます。

ON&DOの事例は、初期状態がどれほど厳しいものであっても、適切な戦略と不断の努力によって、大幅な改善が可能であることを示しています。これは、同様の課題を抱える他のブランドにとって、大きな励みとなるでしょう。

2. ジョー マローン ロンドン:2577ms ▶︎ 1500ms(改善率:41.81%)

ブランド紹介

ジョー マローン ロンドンは、1994年にイギリスで創業された高級フレグランスブランドです。独特の香りの組み合わせと、シンプルでエレガントなデザインで世界中に熱狂的なファンを持つラグジュアリーブランドとして知られています。

改善の軌跡

ジョー マローン ロンドンの改善は、非常に興味深い特徴を持っています。2021年6月 – 2022年5月の時点で、LCP値は2577msと、すでにGoogleの推奨する「良好」な水準である2.5秒に近い状態でした。多くのブランドがこの水準で満足してしまうところですが、ジョー マローン ロンドンはさらなる改善に挑戦しました。

その結果、2024年5月には1500msという驚異的な数値を達成しています。これは、Eコマース業界で速度改善に特に注力していることで知られるAmazon社(2024年6月計測で1780ms)をも上回る、業界全体でもトップ水準の速度です。

この成果は特筆に値します。理由は以下の通りです。

  1. 高い基準点からの改善: すでに「良好」な水準に近かったにも関わらず、大幅な改善を実現しました。
  2. 業界リーダーの水準を超越: Eコマース業界の巨人であるAmazonをも上回る速度を実現しています。
  3. ラグジュアリーブランドの挑戦: 高級感と洗練されたデザインを維持しながら、この速度を達成したことは極めて困難な挑戦だったはずです。

この事例は、「すでに十分速い」と思われる状況でも、さらなる改善の余地があることを示しています。また、ラグジュアリーブランドがテクノロジー企業に匹敵する、あるいはそれを上回るウェブパフォーマンスを実現できることを証明しており、業界全体に大きな影響を与えるでしょう。

3. ゲラン:6000ms ▶︎ 3508ms(改善率:41.53%)

ブランド紹介

ゲランは、1828年にパリで創業した歴史ある高級コスメブランドです。皇室御用達としての歴史も持ち、伝統と革新を融合させた製品で、世界中のラグジュアリー市場で高い評価を得ています。

改善の軌跡

ゲランの改善は、長い歴史を持つラグジュアリーブランドがデジタル時代にいかに適応できるかを示す、素晴らしい事例です。2021年6月 – 2022年5月の時点で、LCP値は6000msと、Googleの推奨する「良好」な水準である2.5秒を大きく上回っていました。これは、豊富な製品ラインナップや高解像度の画像、複雑なアニメーションなど、ブランドの世界観を表現するための要素が多かったことが原因と考えられます。

しかし、2024年5月には3508msまで改善し、41.53%という驚異的な改善率を達成しましたこれは単なる数値の改善以上の意味を持ちます:

  1. 伝統とテクノロジーの融合: 200年近い歴史を持つブランドが、最新のウェブ技術を積極的に採用したことを示しています。
  2. 大規模サイトの最適化: 多数の製品や複雑なコンテンツを抱えるサイトでも、大幅な改善が可能であることを証明しました。
  3. ブランド体験の維持: LCPの大幅な改善を達成しつつ、ゲランならではの高級感や美的要素を損なわなかった点が注目に値します。

ゲランの事例は、長い歴史と確立されたブランドイメージを持つラグジュアリーブランドでも、デジタル体験の質を大幅に向上させることが可能であることを示しています。これは、同様の課題を抱える他の伝統的なブランドにとって、大きな励みとなるでしょう。

また、まだGoogleの推奨する「良好」な水準には達していないものの、その改善の軌跡は継続的な努力と戦略的なアプローチの重要性を物語っています。ゲランの次の目標は、おそらく2.5秒の壁を破ることでしょう。その挑戦は、業界全体にとって興味深い指標となることでしょう。

これらのトップパフォーマーに共通するのは、ブランドの世界観や製品の魅力を損なうことなく、技術的な最適化を徹底的に行っている点です。彼らの成功は、「美しさ」と「速さ」が決して相反するものではなく、むしろ相乗効果を生み出す可能性があることを示しています。

次のセクションでは、これらのトップブランドの戦略をより詳細に分析し、他のブランドが学べる具体的な施策について深掘りしていきます。

LCP改善のベストプラクティス

トップパフォーマーの事例から、LCP改善に効果的な戦略がいくつか浮かび上がってきました。ここでは、ラグジュアリーコスメブランドをはじめとしたECサイトに特に有効なベストプラクティスの要点をまとめます。

  1. 画像最適化: 最新フォーマットの採用、適切な圧縮、レスポンシブイメージの活用
  2. リソースの優先順位付けとレイジーローディング: クリティカルリソースの特定と最適化、非重要リソースの遅延読み込み
  3. サーバーサイドの最適化: CDNの活用、サーバーレスポンス時間の短縮、最新プロトコルの採用
  4. フォントの最適化: フォントサブセッティング、font-displayプロパティの活用、重要フォントのプリロード
  5. ミニマルデザインとプログレッシブエンハンスメント: コアコンテンツの優先、段階的な機能追加

これらの方法を効果的に実装するには、専門的な知識と継続的な努力が必要です。しかし、すべてのブランドがこれらを自社で実装するのは現実的ではありません。そこで、多くのトップブランドが採用しているのが、SpeedKitのような専門ツールの導入です。こうしたツールを活用することで、技術的な複雑さを抽象化し、迅速かつ効果的にLCP改善を実現することができます。

これらの方法について、より詳細な解説と実践的なアプローチを知りたい方は、LCPを劇的に改善?サイトが遅いと思ったらまずチェックすべき5つの方法をご覧ください。この記事では、各手法の具体的な実装方法や、ツールの使用法、さらには実際の改善事例などを詳しく紹介しています。

まとめ:美しさと速さの共演がもたらす新時代

本記事では、ラグジュアリーコスメブランドのECサイトにおけるLCP(Largest Contentful Paint)改善の重要性と、その実践例、さらには今後のトレンドについて詳しく見てきました。ここで、キーポイントを振り返り、今後のラグジュアリーコスメEC業界の展望を考察します。

1. LCP改善の重要性の再確認

  • 業界平均のLCP値が、3年間で2.86秒から2.41秒へと改善
  • Google推奨の「良好」水準である2.5秒を下回る成果
  • トップパフォーマーは30%以上の劇的な改善を達成

この結果は、ラグジュアリーコスメ業界全体がウェブパフォーマンスの重要性を認識し、積極的に取り組んでいることを示しています。「美しさ」と「速さ」は、もはや二者択一ではなく、両立すべき重要な要素となっているのです。

2. 成功事例から学ぶキー戦略

今回ご紹介したトップパフォーマーたちをはじめ、速度改善に成功している企業の事例は、技術的な最適化だけでなく、ユーザー体験とブランド価値のバランスを慎重に考慮することの重要性を示しています。

また、ページスピードの改善がビジネスに与える影響について、より具体的なデータをお求めの方にお勧めの資料があります。Google、SpeedKit、そしてハンブルグ大学が共同で運営しているSpeedHubでは、ページスピードの高速化がビジネスの主要指標に及ぼす影響を、包括的なデータベースとしてまとめています。

このリソースは、様々な業界におけるページスピード改善の効果を、具体的な数値とケーストスディを通じて示しており、ラグジュアリーコスメブランドをはじめとしたECサイト運営者の方々にとっても、大変参考になる情報源となっているでしょう。

ページスピード改善の ROI を検討する際や、社内での説得材料として、このデータベースを活用することをお勧めします。客観的なデータに基づいた議論は、パフォーマンス最適化プロジェクトを推進する上で強力な武器となるはずです。

3. ラグジュアリーブランドの新たな挑戦

ラグジュアリーコスメブランドにとって、この「美しさと速さの共演」は、単なる技術的な課題ではありません。それは、デジタル時代におけるブランド価値の再定義と言えるでしょう。

  • 視覚的な豊かさを保ちながら、瞬時の満足を提供する
  • 技術の先進性と、ブランドの伝統や品位を両立させる

これらの挑戦に成功したブランドは、オンラインとオフラインの境界を超えた、新しいラグジュアリー体験を創造することができるでしょう。

ウェブパフォーマンスの最適化は、一度きりの取り組みではありません。技術の進化とユーザーの期待に合わせて、常に進化し続ける必要があります。

美しさと速さの共演がもたらす新時代は、すでに始まっています。この波に乗り遅れることなく、むしろ先頭に立ってイノベーションを起こすことが、ラグジュアリーコスメブランドの新たな差別化要因となるでしょう。

皆様のECサイトが、美しく、速く、そして成功を収めることを心よりお祈りしています。

ギャプライズでは、自社サイトの速度をはじめとした改善ポテンシャルを知るためのウェブサイトパフォーマンスの無料診断を提供しています。まずは現在のサイトパフォーマンスを知り、効果を高めていく道筋を明らかにする所から始めてみまませんか?

この記事のタイトルとURLをコピーする

今本 たかひろ/MarTechLab編集長

料理人→旅人→店舗ビジネスオーナー→BPO企業にてBtoBマーケティング支援チームのPLを4年半経験し、2023年2月よりギャプライズへジョイン。フグを捌くのもBtoBマーケティングを整えるのも根本は同じだという思考回路のため、根っこは料理人のままです。家では猫2匹の下僕。虎党でビール党。

関連記事一覧

タグから探す
デジタル屋外広告
パフォーマンス
バックオフィス
Web接客
DX(デジタルトランスフォーメーション)
SMSマーケティング
マーケティング全般
市場・競合分析
AR(拡張現実)
画像認識AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
EFO
サイト集客
SEO
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理
SFA(営業支援)