SPAサイトの表示速度改善で顧客体験を劇的向上:ドイツ最大手クルーズ会社TUIの成功事例

この記事のタイトルとURLをコピーする

2024/07/09

※本記事はBaqend社の公式事例を、同社の許可を得て翻訳・編集し公開しています

デジタル時代のCX最適化の重要性

デジタル時代において、ECサイトの成功は顧客体験(CX)の質に大きく左右されます。その中でも、ウェブサイトの表示速度は極めて重要な要素です。Google検索のランキング要因の一つとなっているだけでなく、ユーザーの行動にも直接的な影響を与えるからです。

特に、Single Page Application(SPA)として構築されたウェブサイトでは、表示速度の最適化が独特の課題となります。従来の多ページ型ウェブサイトとは異なり、SPAではJavaScriptを使用して動的にコンテンツを更新するため、初期ロード時間とその後のインタラクションの速度が重要になります。

本記事では、ドイツ最大手のクルーズ会社であるTUI Cruises Mein Schiffが、SPAサイトの表示速度を劇的に改善し、顧客体験を向上させた事例を紹介します。Speed Kitというソリューションを活用し、APIレスポンスタイムを76%削減、Largest Contentful Paint(LCP)を1050ミリ秒改善するという驚異的な成果を達成した彼らの戦略から、日本のECサイト運営者が学べる貴重な示唆を探ります。   

TUI Cruises Mein Schiffの挑戦

TUI Cruises Mein Schiffは、ドイツを代表するクルーズ船運営会社です。プレミアムなクルーズ体験を提供することで知られていますが、デジタル時代の到来とともに、オンライン予約システムの重要性を感じていました。

しかし、複数の技術的課題に直面していました。

  1. 複数の技術スタックの共存:PolycerベースのWebコンポーネントとReactベースのフロントエンドが混在。
  2. 新しいCMS(Contentful)の導入:アジャイルなコンテンツ管理のため。
  3. SPAの特性による表示速度の課題:動的コンテンツ更新による初期ロードの遅さ。

これらの課題を克服し、顧客により良いオンライン体験を提供することが、TUI Cruises Mein Schiffの最優先事項となりました。

Speed Kitソリューションの導入

TUI Cruises Mein Schiffは、これらの課題を解決するためにSpeed Kitを採用しました。Speed Kitは、Service Workerを活用した先進的なウェブパフォーマンス最適化ソリューションです。

Speed Kitの主な特徴:

  • クライアントサイドのプロキシとして動作し、リソースの読み込みとキャッシュを制御
  • 動的キャッシング機能により、最新のコンテンツを保持しつつ高速化を実現
  • グローバルCDNを活用したデータ転送の最適化
  • AI基づく予測的プリロード技術の採用

導入プロセスは比較的簡単で、以下の手順で実施されました:

  1. Service Worker JavaScriptファイルをドメインのルートパスにアップロード
  2. HTMLの<head>セクションにスクリプトタグを挿入
  3. 2つの静的IPレンジをホワイトリスト化

その後、ABテストを実施して効果を測定しました。具体的にはユーザーモニタリング(RUM)を使用して、TTFB(Time To First Byte)やLCPなどの重要な指標を収集し、統計的に有意なデータに基づいてSpeed Kitの効果を評価しました。

驚異的な改善結果

Speed Kit導入後、TUI Cruises Mein Schiffのウェブサイトは驚異的なパフォーマンス向上を達成しました。

  1. APIレスポンスタイムの76%削減
    • Webコンポーネント用のAPIレスポンスタイムが150ミリ秒から36ミリ秒に改善
    • ユーザーの体感速度を大幅に向上
  2. LCPの1050ミリ秒改善
    • ReactとNext.jsベースのページで、ハードナビゲーションのLCPが55%改善
    • 1912ミリ秒から862ミリ秒へと短縮
  3. ソフトナビゲーションの最適化
    • LCPクリティカルなAPIコールのレスポンスタイムが332ミリ秒から38ミリ秒に改善
  4. 画像最適化による53%のデータ削減
    • 月間7120万枚以上の画像を最適化
    • ページロード時間の短縮とデータ使用量の削減を同時に実現

これらの改善により、TUI Cruises Mein Schiffのウェブサイトは業界トップクラスのパフォーマンスを実現しました。

ビジネスインパクトの分析

表示速度の改善は、単なる技術的な成果にとどまらず、ビジネス指標にも大きなインパクトをもたらしました。

  1. バウンス率の改善

    • First Contentful Paint(FCP)が100ミリ秒遅くなるごとに、バウンス率が4.68%増加することが判明
    • 速度改善により、ユーザーの離脱を防ぎ、サイト滞在時間を延長
  2. 成約率の向上

    • FCPが100ミリ秒遅くなるごとに、クリックから予約までの率が1.3%低下
    • 速度改善により、ユーザーの購買意欲を高め、予約完了までの導線を最適化

これらの数字は、ウェブサイトの表示速度が直接的に顧客行動とビジネス成果に影響を与えることを明確に示しています。TUI Cruises Mein Schiffの事例は、技術的な改善が実際の売上向上につながることを実証しています。

技術的視点:SPAにおける表示速度最適化

SPAの表示速度最適化を理解するには、ハードナビゲーションとソフトナビゲーションの違いを認識することが重要です。

  • ハードナビゲーション:新しいHTMLリソースを要求する従来の遷移方式
  • ソフトナビゲーション:同一ページ内でコンテンツを動的に更新するSPA特有の遷移方式

SPAの性能測定では、これらの違いを考慮する必要があります。例えば:

  • TTFBやLCPはハードナビゲーションでのみ測定される
  • ソフトナビゲーションの速度はAPIコールのレスポンスタイムが重要

TUI Cruises Mein Schiffの事例では、Speed Kitがこれらの両方を最適化することで、全体的なユーザー体験を向上させました。特にAPIレスポンスの76%削減は、SPAの動的な特性を最大限に活かすことに成功しています。

日本市場への示唆

TUI Cruises Mein Schiffの成功事例は、日本のECサイト運営者にとっても大きな示唆を含んでいます。

  1. SPAの採用トレンド
    • 日本でもReactやVue.jsを使用したSPA開発が増加傾向
    • ユーザー体験の向上とデベロッパー生産性の改善が主な理由 
  2. 表示速度最適化の重要性
    • 日本の消費者も高速なウェブ体験を期待
    • モバイルファーストの時代において、速度は競争力の源泉 
  3. コアウェブバイタルへの対応
    • Googleの検索ランキングアルゴリズムにおける重要性が増大
    • LCP、FID(First Input Delay)、CLS(Cumulative Layout Shift)の最適化が必須

日本企業がグローバル市場で競争力を維持するためには、世界最高水準のウェブパフォーマンスを目指す必要があります。TUI Cruises Mein Schiffの事例は、その実現可能性と効果を明確に示しています。

速度改善がもたらす顧客体験と事業成果の革新

TUI Cruises Mein Schiffの事例から、私たちは以下の重要な教訓を学ぶことができます。

  1. 表示速度はCXの要
    • ミリ秒単位の改善が、ユーザー行動と事業成果に直結
    • 継続的な計測と最適化が不可欠 
  2. 技術的な複雑さは克服可能
    • 複数の技術スタックが混在する環境でも、適切なツールと戦略で大幅な改善が可能
    • SPAの特性を理解し、それに適した最適化アプローチを採用することが重要 
  3. 数値化と可視化の重要性
    • パフォーマンス改善の効果を具体的な数字で示すことで、投資の正当性を証明
    • 継続的な改善のための指標として活用 
  4. グローバル水準の体験提供
    • 日本市場においても、世界最高水準のウェブパフォーマンスを目指すべき
    • ユーザーの期待値は常に上昇しており、それに応え続けることが競争力の源泉

Speed Kitのようなソリューションを活用することで、技術的な障壁を低く抑えつつ、大幅なパフォーマンス改善を実現できることが示されました。しかし、ツールの導入はあくまでも手段であり、最終的な目標は顧客満足度の向上と事業成果の達成です。

ウェブサイトの表示速度改善は、単なる技術的な課題ではなく、ビジネス戦略の重要な一部であると認識することが重要です。TUI Cruises Mein Schiffの成功事例は、この認識に基づいた取り組みが、いかに大きな成果をもたらすかを如実に示しています。

日本のECサイト運営者の皆様も、この事例を参考に、自社のウェブパフォーマンス戦略を見直し、顧客体験の向上とビジネス成果の達成に向けて、新たな挑戦を始めていただきたいと思います。

 

Speed Kit導入検討のための次のステップ

Speed Kitのようなソリューションの導入を検討される場合、以下のステップをお勧めします。

  1. ギャプライズによる無料診断の活用
    • ギャプライズが提供するSpeed Kitを活用した無料診断サービスを利用し、自社サイトの改善可能性を評価
    • 専門コンサルタントによる詳細な分析レポートと改善提案を受け取る

  2. 技術的な適合性の確認
    • 自社のウェブサイトアーキテクチャとSpeed Kitの互換性を確認
    • 必要に応じて、ギャプライズの技術サポートチームに相談

  3. ROI試算
    • 速度改善によるコンバージョン率向上の予測値を基に、投資対効果を試算
    • 長期的な顧客生涯価値(LTV)の向上も考慮に入れる

  4. 小規模テストの実施
    • サイトの一部ページやセグメントに限定して試験導入
    • 実際のパフォーマンス改善効果と運用上の課題を把握

  5. 段階的な展開計画の策定
    • テスト結果を基に、全面展開のロードマップを作成
    • 必要なリソースと期間を明確化

  6. 社内承認プロセスの準備
    • 技術面、マーケティング面、財務面からの多角的な導入メリットを整理
    • 経営層への説得力のあるプレゼンテーション資料を作成

これらのステップを踏むことで、Speed Kitの導入を戦略的かつ効果的に進めることができます。

おわりに

ウェブサイトの表示速度改善は、デジタル時代における顧客体験向上の要です。TUI Cruises Mein Schiffの事例が示すように、適切な戦略と技術の採用により、驚異的な改善を実現することができます。

日本のECサイト運営者の皆様も、この事例をインスピレーションとして、自社のデジタル戦略を見直し、世界最高水準の顧客体験の提供を目指してください。Speed Kitのようなイノベーティブなソリューションの活用は、その道のりを大きく加速させる可能性を秘めています。

ウェブパフォーマンスの最適化は終わりのない旅です。しかし、その旅の一歩一歩が、顧客満足度の向上とビジネス成果の達成につながっていきます。今こそ、新たな一歩を踏み出す時です。

Speed Kitの無料診断を今すぐ体験!

ギャプライズでは、Speed Kitを活用した無料のウェブサイト診断サービスを提供しています。あなたのサイトのパフォーマンスを分析し、改善の可能性を具体的に示します。

以下のリンクから、無料診断のお申し込みやお問い合わせが可能です。専門のコンサルタントが、あなたのビジネスに最適なソリューションをご提案いたします。
Webサイトパフォーマンスの無料診断はこちらあなたのウェブサイトが、世界最高水準のパフォーマンスを達成し、ビジネスの成功に貢献することを心より願っております。ギャプライズは、その実現のためのパートナーとして、皆様のチャレンジを全力でサポートいたします。

この記事のタイトルとURLをコピーする

今本 たかひろ/MarTechLab編集長

料理人→旅人→店舗ビジネスオーナー→BPO企業にてBtoBマーケティング支援チームのPLを4年半経験し、2023年2月よりギャプライズへジョイン。フグを捌くのもBtoBマーケティングを整えるのも根本は同じだという思考回路のため、根っこは料理人のままです。家では猫2匹の下僕。虎党でビール党。

関連記事一覧

タグから探す
デジタル屋外広告
パフォーマンス
バックオフィス
Web接客
DX(デジタルトランスフォーメーション)
SMSマーケティング
マーケティング全般
市場・競合分析
AR(拡張現実)
画像認識AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
EFO
サイト集客
SEO
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理
SFA(営業支援)