​EC業者必見! Amazon広告の始め方

この記事のタイトルとURLをコピーする

Amazonで商品を出しているのに、思うように売れないとお悩みの企業も多いのではないでしょうか。

最も簡単に商品を売れるようにする方法は、Amazon広告の使用です。

今回は、広告運用者がいなくてもAmazon広告を使ってAmazonで商品を売れるようにする方法を紹介します。

1.Amazon広告とは

Amazon広告とは、Amazon Advertisingのことで、ユーザーの検索に合わせて、広告主の商品を表示する広告ソリューションのことです。

AmazonはECサイトなので、購買意欲が高い状態のユーザーに広告を出すことができます。
そのため、Amazon広告を出稿することは、ライバル企業や類似商品を扱う会社を出し抜くチャンスです。

2.Amazon広告の種類

Amazon広告は
「スポンサープロダクト広告」
「スポンサーブランド広告」
「ストア」
「ディスプレイ広告」
「動画広告」
「カスタム広告」
「Amazon DSP」
と全部で7種類あります。

Amazon広告の中でも、初めて広告を出す方にオススメなのが、「スポンサープロダクト広告」と「スポンサーブランド広告」です。

2-1.スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、広告主が販売している商品と似た検索をしたユーザーに広告を表示できます。

広告は商品に紛れて表示されるため、広告感は出にくいですが、検索結果の先頭に表示されない事がデメリットでもあります。

2-2.スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告もスポンサープロダクト広告と同じく、広告主が販売している商品と似た商品を検索しているユーザーに対し広告を表示できます。

スポンサープロダクト広告と異なる点は、検索結果の上部に企業アイコンと3種類の商品を表示することができる点です。

下図が、Amazon広告内でスポンサープロダクト広告とスポンサーブランド広告が表示される場所になります

Amazon広告出稿場所

その他のAmazon広告について詳しくはこちらをご覧ください。

これらは、すべてAmazonの検索結果に表示される広告なので、ユーザーが商品を購入するギリギリで自社製品に注目を集められます。

3.Amazon広告はむずかしい?

Amazon広告の種類やメリットを理解していただけたでしょう。
しかし、継続的な改善を自社で行うには、多くの時間と人的コストが必要です。

多くの場合、広告代理店に全て任せることになります。
広告代理店の場合、担当者の力量によっては結果が出ない事もあります。
さらに、広告予算が少ないと新人育成の一部としてアカウントを使用される場合もあります。

最大の問題は、Amazonを使うユーザーが一番買い物をするであろう、平日の夕方や週末に広告予算の調整ができない事です。
商品に対する注目度が高まっているにも関わらず、予算を変更できないために商材を売るチャンスを逃すのはもったいないです。

この問題を解決する策として、弊社が運用しているAIを用いた広告自動最適化ツールの「Kenshoo」があります。

4.Amazon広告の最適化は「Kenshoo(ケンシュー)」

近年、AIを用いた広告自動最適化ツールが誕生しています。
しかし、現在Amazon広告を扱えるAI広告ツールは「Kenshoo(ケンシュー)」のみです。
※スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告、ディスプレイ広告に限る

さらに、KenshooはKenshooのアルゴリズムを把握した担当者が責任をもって運用するため、何もする必要がありません。

AI広告自動最適化ツールを比較したホワイトペーパーがあるので良ければダウンロードしてみてください。

KenshooはAIを使うので、一定の学習期間は必要ですが、学習期間を過ぎれば週末も平日も広告を回し続けることができます。

もちろん、弊社のKenshoo担当者が定期的にチェックをして、AIの計画が正しいか判断します。
さらに、定期的にレポートをお送りするので成果を確認していただけます。

実際に、Kenshooを用いてAmazon広告を運用した例を3つ見ていきましょう。

4-1.Under Armourの例

Under Armourは世界的なスポーツブランドです。
昨年、Under Armourはヨーロッパのイタリア、スペイン、フランス、イギリス、ドイツの計5つの市場でKenshooの専門的なサポートを受け、Amazon Advertisingの広告を使用して存在感を強めました。
その結果、ブラックフライデーの収益が156%になりました。
詳しくはこちら

4-2.キンバリークラークの例

キンバリークラークはクリネックスなどを展開するアメリカの日用品メーカーです。
キンバリークラークはKenshooを使用し、ROASを44%向上させました。キンバリークラークの様々な商品に対応できるように高度な予算の最適化を行いました。
詳しくはこちら

4-3.LG Electronicsの例

LG Electronicsは韓国の総合家電、情報通信メーカーです。

Kenshooでキーワードの掲載結果やレポートを基に微調整を行い、Amazonプライムデーでの収益が前年同期比688%に上昇しました。
詳しくはこちら

Kenshooに関してご興味がある方はぜひ、こちらの記事も読んでみてください。

5.まとめ

Amazonで商品が売れずに悩んでいる方にとっては、1つの選択肢として、広告を始めるのは素晴らしい選択肢です。

Amazon広告の登録自体のハードルは低いですが、実際に広告の改善サイクルを回すのは経験を積んだ運用者でも苦労することがあります。

「Kenshoo」を使用してAmazon広告を始めたい方や運用でお悩みの方は、些細なことでも構わないのでこちらからお問い合わせ下さい。

この記事のタイトルとURLをコピーする
本間 耀基

本間 耀基

2019年1月ギャプライズ入社。インターン生。

関連記事一覧

タグから探す
マーケティング全般
市場・競合分析
AR(拡張現実)
画像認識AI
VOC(voice of customer)
BI(ビジネスインテリジェンス)
D2C
EC
ロイヤリティマーケティング
リードジェネレーション
インサイドセールス
インフルエンサーマーケティング
UGCマーケティング
SNSマーケティング
コンテンツマーケティング
メールマーケティング
ソーシャルリスニング
サイト改善
レコメンド
パーソナライズ
ABテスト
UI/UX
ヒートマップ
LPO
アクセス解析
サイト集客
SEO
Googleショッピング
アドフラウド(不正広告)
広告最適化
リスティング広告
SNS広告
Amazon広告
営業・顧客管理
プロジェクト管理